国が認めた資格

土地家屋調査士の資格は国家資格です。この土地家屋調査士の資格者であり連合会備え付けの名簿に登録することで依頼を受けて次のような業務を行うことができます。 不動産の表示に関する登記につき必要な土地あるいは家屋に関する調査及び測量をすることができます。 家屋などを新築した場合、あるいは区分所有建物を新築したときには、その物理的状況を登記簿に反映させるために不動産の表示に関する登記申請手続きを代理してこれを行うことができます。 不動産の表示登記に関する審査請求の手続きについて代理を行うこともできます。 土地の所有者からの申請によって筆界特定の手続きについて代理することも出来ます。 これが明らかでない場合には民事に関する紛争に係る解決手続きについて代理することも出来ます。

土地家屋調査士について類似・競合するものといえば、土地や建物の売買や仲介などに係わる個々の不動産業者も入ります。これらの業者は売買契約や仲介において不動産の面積や境界に関して関係がないとは言えないものです。 筆界確定についてはその専門家として筆界調査委員と呼ばれる資格を持った土地家屋調査士も存在します。 土地に関して貸主と借主の間、あるいは売主と買主の間でトラブルが発生することがあります。アパートやマンションの賃貸人と賃借人の間でトラブルが起こることもあります。マンションにおいては管理組合と住民間でトラブルが起こることがあります。これらの問題は多分に法律の専門知識が必要で弁護士が係わって問題解決に導く場合もあります。